★【ランニングで老化が進む?!】運動に潜む落とし穴。運動は【ウォーキング】がオススメです。

美容

こんにちは haaanです。

涼しくなり、そろそろ身体を動かしたくなる季節になってきましたね

そんな中、健康に良さそうな”ランニング”

が実はやり方を間違えると、痩せないし、老化を進ませる原因にもなるという情報を入手しました。

なんとなく、この話は聞いたことがある方もいるんではないでしょうか。

今回は、理由や対策についてわかりやすくまとめてみようと思います。

過酷なランは”老化”につながる?

私たちの体に取り込まれる酸素の中で、数%は活性酸素に変わります。

この活性酸素。

働きとしては”免疫向上””細胞を酸化させ、老化に繋げる”の2つです。

2つ目の老化につなげることに関しては、通常の活性酸素の量であれば、体内で、”抗酸化作用”という働きが同じくらいの割合で生じるので、普段の生活の中で、異常に、酸素が活性化して、老化をすることはないそうです。

しかし、この活性酸素。

有酸素運動を過剰にしすぎると、体内で急激に増加してしまい、その結果、抗酸化作用とのバランスがおかしくなるので、

”老化現象”

につながってしまうみたいです。

そしてそして。

さらに、外を走る場合、紫外線によって皮膚の老化が生じるので、さらに老けた感じの印象を受けてしまうのかもしれません。

参考:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

20〜30分くらいが丁度いい

ただ、ここで重要なのは

”適度な運動は体にとって大事”

ということ。

過度な有酸素運動(マラソン)は体にとって負担になることもありますが、

適度な有酸素運動(軽いランニングやウォーキング)は

身体にとって必要な運動です。

生活習慣病予防、気分転換などの意味もあるので、

適度な運動習慣をつけるようにしていきましょう。

”ランニング”と”ダイエット”

ランニングが食欲を促してしまい、逆に太ってしまうという内容のものもよく見かけますが、

”食べる時間、内容”

が鍵になってくると思います。

ようは、方法次第というわけ。

また、ランニング自体のカロリー消費量で考えると”効果的に痩せる”とは言い切れない部分がありますが、

『運動する→筋肉をつける→代謝が上がる』

という流れができ、

長期的に見てみると、痩せやすい身体を作ることにつながります。

走る”タイミング”

【朝タイプ】
夕食をしっかり食べて、起きて水分補給をして走ると脂肪燃焼効率UP

【夜タイプ】
昼食をしっかり食べて走ると脂肪燃焼効率UP

食事の”タイミング”

朝ラン派も夜ラン派も、ラン直後は量より質の食事を重視しましょう。

運動直後30分以内に食べたい場合
運動直後は胃腸の働きが弱いので、あまりオススメしませんが、あえて食べるというのであれば、栄養価も高く消化のよいものを食べるのが良さそうです。

例えば、ラン直後(30分以内)は、軽く小腹を満たす感じで、

豆乳やバナナ、フルーツなどを摂ると良いでしょう。

【30分〜2時間以内に食事をする場合】
せっかく運動してカロリーを消費したのに、食べると元に戻ってしまう、と心配になるかもしれませんが、

運動後にタンパク質をしっかり摂ることで、脂肪燃焼を促す筋肉の増強を促し、ダイエットにつながる代謝の良い体作りに効果的

ご褒美として甘いものなどを摂りたい時は、2時間以上経ってからがオススメです。

何でもそうですが。

”適度”と”正しい方法”

実践することが大切です。

食欲の秋。余分な脂肪を蓄えすぎないためにも、

適度なランニングやウォーキング

取り入れてみてはいかがでしょうか。

haaan

コメント

タイトルとURLをコピーしました