★【コンタクトレンズ・カラコンの選び方】可愛い瞳を今すぐゲット!!賢く選んで、正しく使おう!

美容

こんにちは haaanです。

ここ数年で一気に身近になったコンタクト

今では誰でも簡単に手に入れられて、

本当に使いやすい存在ですが、、、

色々ありすぎて、どれがいいか困りますよね。

今回は、色々調べかつ、個人的にオススメな

コンタクトの選び方をまとめてみようと思います。

【コンタクトレンズの選び方】

ソフトorハードレンズ

コンタクトレンズには2種類のタイプがあります。

【ソフトレンズ】
水分を含むと柔らかくなるプラスチックを使用したコンタクトレンズ。柔らかく水をたくさん含んでいるので、つけ心地が非常に良い。また、レンズがずれにくくはずれにくいので、スポーツ時にもお勧め。
ただし、衝撃に弱く、また汚れやすいため、長期間の使用には向いていない
【ハードレンズ】
プラスチック製の固いレンズです。瞳に必要な酸素をよく通すため、長時間装用の方にお勧めです。また、乱視矯正にも優れているレンズです。年単位での使用が可能なものもある。

使い捨てコンタクトは基本的にはソフトレンズ

柔らかく、つけ心地が良いので初心者にもオススメです。

酸素透過率(DK値)

コンタクトレンズを装用した際に、どれくらいの酸素が目に届くかを示す指標

酸素不足になると、角膜の代謝低下につながりキズがつきやすくなり、結果的に感染症などのさまざまなトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

そのため、目の健康を保つためには、酸素透過率は大事。

『70~100を超えるあたりが目安みたい

これくらいであれば、体感としてあまり差がないようなので

そこまで気にしなくてよさそうです。

haaan
haaan

個人的には、酸素透過率は長時間使用していない場合や、コンタクトの大きさを調整すれば低いものでも高いものでもあまり変わらないような気がします。

購入する時は、一応見るけど、他のポイントが大丈夫そうならあまり気にしないようにしています。

含水率

ソフトレンズにおいて、どれくらい潤いがあるかどうかを示しています。

50%をラインとして、高い、低いと分かれていて、

高ければ、つけ心地は良いですがその分汚れがつきやすいとも言われています。

これは普通のレンズ、カラーレンズで違うというよりは商品でそれぞれ異なるみたい。

個人的には『普通レンズもカラコンも58%あたりがちょうどいい

かなと思っていて、

有名どころだと『アーキビューモイスト』がこの含水率となっています。

カーブ(BC)

レンズのカーブの値を表します。

瞳からずれないか、外れやすくて落ちてしまわないかに関係していて

合っていないと、レンズが目の中で動くので、カラコンは瞳の位置がずれておかしなことに、、、

レンズが目の中で動く分、ゴロゴロ感も増強します。

日本人の瞳のカーブは8.6が多いと言われており、

このカーブで生産されているものが多いですが

稀に違うものもあり、また8.6がなんとなく合わない場合も、、、

『安心なのは眼科で測ってもらうこと』

水分が多いもの、レンズもあまり大きくないものを使用しているのに、

なんかゴロゴロすることが多かったり、つけ心地が悪い時は

このBCがあっていないのかもしれません。

【カラコンの選び方】

普通のレンズに加えてのチェックポイント!!購入時には必ずチェックを。

レンズ直径(DIA)

レンズの直径の事(透明な部分も含めた)を表しています。

DIAサイズが大きければ大きい程レンズで瞳を覆う範囲が大きくなる為、瞳が酸素不足に陥りやすくなる傾向が、、、

要は乾燥するリスクが高め!!

カラコンだと直径は13.5〜14.5mm前後が多いので。

痛かったり、乾燥が気になる人は小さめのものを選ぶことをオススメします。

着色直径

これはそのままですが、レンズの色がついている部分の大きさのことを表します。

『着色直径が大きい=目が大きく見える

着色直径は12mm~14.5mm前後くらいのものが多いです。

それこそ種類が多すぎて。

自分に合う大きさってどれくらいなの!?わからんよ〜』ってなりますよね!!

そんなあなたっ!!オススメ方法!!

自分の瞳の大きさは鏡を見ながら定規を当てればなんとなくわかります。

『瞳の黄金比率は白目:黒目:白目=1:2:1』

定規で大きさを測ったら、是非とも、計算してみてください。

自分の瞳にあう大きさを選んでみるのがナチュラル盛れのポイントかと、、、

haaan
haaan

haaanがつけているのは全体の直径が14mm、着色直径が13.5mmのもので、自然にナチュラルな感じだよ。

定規で測って、自分の黄金比をわかっていれば、それよりも大きいレンズだとより目が強調されるとか、購入時のイメージがしやすいので、1回やってみるのオススメです!!

気をつけよう【色素沈着】

装着中にレンズの着色剤が角膜についてしまうトラブル

日本製のものはレンズとレンズに色素部分が覆われているのでこういった問題はないのですが、外国製のもので稀に瞳に直接当たる部分に色素がついているものがあるんです。

使い続けることで、痛みや充血などの症状など、目のトラブルを招くことがあります。目に違和感を感じたら、直ちに眼科を受診するようにしましょう。

選ぶ際に、

色素が直接眼に触れないレンズ構造

になっている製品を選ぶことがポイントです。

購入時のポイントまとめ

これは、普通のレンズ、カラーレンズどちらにも共通ですが。

人それぞれ、水分の含有量だったり、レンズの大きさだったり、カーブの仕方だったり、合う合わないがあるんです。

個人的にではありますが、調べてみて、またいろんなコンタクトを試してみて

【カラコンを選ぶ際に気をつけたいこと】水分の含有量が58%のもの
*レンズの大きさはDIC:14mm、着色直径:13.5mm以下とそこまで大きくないものが無難。黄金比を、測ってからの購入が失敗しないし、ベスト!!
*カーブはまずは8.6±0.2のもの、合わなければ眼科に行く

長く使っても目の調子が悪くならないボーダーかなと思っています。

また、着色直径が大きい場合でも、なるべくDICが大きくならないように気をつけています。

コンタクトで起こりやすい【怖い病気】

【巨大乳頭結膜炎】
主にコンタクトレンズの汚れが原因で、上まぶたの裏側(結膜)にブツブツができてしまうアレルギー症状です。眼のかゆみ、目やに、レンズが上の方にずれやすくなるなどの症状がでます。
【角膜潰瘍】
角膜上皮にできたキズが悪化し、角膜実質の一部まで達した状態で、激しい痛みや充血を伴います。
治りにくい眼障害のひとつで、感染症を起こす危険性もあります。
レンズを付けた状態で、擦ったりしないように気をつけよう!!
【急性角膜上皮浮腫】
レンズをつけまま寝たりすることによって、角膜が低酸素状態となり、角膜上皮がむくんだ状態をいいます。レンズをはずした直後、または数時間たった後に激しい痛み、まぶしさ、涙、異物感、視力低下が起こります。

上のものは、あくまで代表的なものですが、

共通して言えることは、

一度傷ついた瞳や角膜は自然治癒は難しく、コンタクトレンズの装着をやめるだけでは治らないことがほとんどだということ

一度落ちた視力はなかなか戻らないし、あなたの大事な目は交換ができません。

『ん?なんかおかしいな』

と感じたら、、、

感染や視力低下など取り返しがつかなくなる前に

きちんと病院へ行きましょう!!

また、何もなくとも、視力の変化などもあるので、

できれば3ヶ月ごとに。

少なくとも半年に1回は病院へ問題がないか相談に行くことをオススメします。

haaan
haaan

コンタクトを病院で買わなくても、きちんと診てくれますよ。買いたければ購入も可能ですし、頼めば度数などの確認もしてくれます。

億劫がらず、定期的に眼科へ行きましょう!!

正しく使用して、コンタクトライフをエンジョイしましょっ♡

haaan

参考:https://alcon-contact.jp/eyenavi/important.html

http://www.revia-cl.jp/clear1day_premium.html

http://www.seed.co.jp/hajimete/kind.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました