★昼食後の眠気どうしてますか?15分睡眠、カフェインなどなど【対策方法】まとめてみました!!

健康

こんにちは haaanです。

夜はそれなりに眠れているのに

どうしても眠くなる午後のひととき、、、

特にデスクワークの時なんかは最悪ですよね!!

今回はそんな悩みを解決すべく調べたことをまとめてみました!

どうして午後は眠くなる?

人間の体内サイクルは起床後7時間で休息モードに移行すると言われており、

ランチ後に眠くなってくるのは

まさに『自然現象』なんです。

また、医学的にも昼食後には食べたものを消化すべく、

胃や腸などに血流が集まるため、通常時よりも脳に血液が回りづらく、眠気を引き起こすとも、、、

そう、午後の眠気は動物な以上、仕方ないとも言えるのです。

VS魔の時間

眠気に襲われて

午後の会議も授業も仕事も効率はがた落ちに、、、

この『魔の時間』

と戦うべくいろんな方法があるみたい。

自分のスタイルに合った方法を見つけて、魔の時間を乗り切りましょう。

15分昼寝

まずは、『15分のお昼寝』

眠気にはやはり睡眠で対抗するのが一番です。

眠りは浅い眠り(ノンレム睡眠)→深い眠り(レム睡眠)を繰り返しています。

深い所で起きると、頭がしっかりと目覚めた状態に戻るまで時間がかかってしまう

15分昼寝は下のノンレム睡眠の段階で、1〜2。

深い眠りに入る前の一番いい時間みたい!!

これ以上だと、段階3、もしくはレム睡眠に突入してしまうので注意しましょう。

【ノンレム睡眠の段階】
段階1:声をかければすぐに目が覚める程度の浅い眠り
段階2:耳から入る情報をキャッチできる程度に眠っている状態
段階3:深睡眠期と呼ばれ、身体も脳も休んでいる状態。多少の物音では目覚めない深い眠りの状態

また、昼寝前にカフェインを摂取しておくことで、よりスッキリとした目覚めになるので、オススメです。

【午後睡眠のポイント】
*開始前にカフェイン摂取
*時間は15分。15時前までに開始
*寝る場所はどこでもOK,座ったままでも大丈夫

【昼寝できない時】対策

15分でも目を瞑る時間があれば、いいけれど。

忙しい時はそうもいかないこともありますよね。

だけど、忙しさに関わらず、眠気はいつも襲ってくる、、、

そんな時のための、

時短、もしくは簡単にできる眠気対を集めてみました。

【カフェイン】

カフェインは眠気を感じさせる物質の邪魔をして、脳を働かせる効果があります。

30分前後で効果がで始めるので、

お昼ご飯の終わりころには摂取することをオススメします。

また、冷たいコーヒーの場合、胃腸の機能が緩やかになりカフェインの吸収が遅れます。

その分、効果が出るのも遅いので、

早く効果が欲しい場合

温かいものを飲んだ方が良さそうです!!

【カフェインポイント】
*始業時間の30分前に摂取
温かいものがより効果が早い
*遅い時間に飲むと夜眠れなくなるので注意

【軽い散歩】

トロント大学の睡眠効果を研究しているチームのレポートによると、

食後に動かずゆったりと休憩しているのは逆に疲労を引き起こし生産性を低下させることにつながるそう。

時間があれば外を軽く歩いたり、階段を上ったりして少しでも動くようにすると良さそう。

血流が良くなり酸素もより多く脳に取り込まれ、効果的に眠気が解消されるでしょう。

外を歩いたり、明るい場所を選ぶとさらに効果的。強い光には睡眠ホルモンの「メラトニン」を減少させ、眠気を和らげる効果があります。

【軽い散歩のポイント】
身体を軽く動かして、血流を良くする
光を浴びると効果的
*肩を回したりすると頭周囲の血流も良くなるのでオススメ

【血糖値コントロール】

血糖値が急激に上がると眠気を引き起こしやすいと言われているようです。

血糖値の上昇をゆるやかにするために、野菜やキノコ、海藻などを食事の最初に食べることを心がけよう。

特に大事な会議や仕事が午後に控えている時は、ファストフードや丼ものなど、カロリーが高く短時間で一気に食べられるメニューは控えたほうがよさそうです。

【血糖コントロールポイント】
野菜から食べる
*カロリーが高すぎるものを一気に食べるのはまずい
*休憩中の甘いもの摂取しすぎも同様に注意

以上、お昼の眠気対策でした。

ちなみにhaaanは15分昼寝を実践してます。

あなたの体質、性格、生活スタイルに合った方法が見つかれば幸いです♡

haaan

参考:https://news.livedoor.com/article/detail/14951511/

https://style.nikkei.com/article/DGXDZO33566750V00C11A8W13001/

https://www.sleepstyles.jp/about/archive/7546.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました