★100万円以上もお安くすむ?知って損ナシ【結婚式でコストを賢く抑える】コツとは?

雑記

こんにちは haaanです

結婚式をあげるって本当にお金がかかる。

わかっているけど、こだわりたいし。

そこで、今回は。

『結婚式の質を落とさず、コスト削減』

その方法について書いていこうと思います。

【質を落とさず、コスト削減】

結婚式を挙げるにあたり、一番重要視すべきこと

それは『ゲスト・新郎新婦・両親の満足感』

コストばかりに気を取られ、貧相な式になってしまっても。

質を気にして、コストをかけすぎ、後々負担になってしまっても。

どこかに不満が残ってしまう、、、

質』&『コスト

このバランスをしっかり考えながら、式を作る事が大切です!!

【Bridal fair】でほぼ決まる

気軽に行けるブライダルフェア、、、

ここでの見積もり額や交渉が結婚式の金額を左右します。

『最初の見積もり』+100万

これが、大体の最終金額になるはずです。

この

【ブライダルフェアでの交渉こそが、結婚式を左右する

と行っても過言ではないくらい。この交渉を成功させるためにも、

事前の下調べが大切なんです。

【見積もり項目】Check!!

最初に出される見積もりですが。

びっくりすることに、本当に最低限のプランで金額を出しています

例えば、、、
私の時は、披露宴の各テーブルの花が1万円で花がちょこんと置いてあるような状態のプランで入っていました。当然、値段を上げるしかなく、花だけで、5~6万円UPしました。
あとは、新郎新婦を照らすライトがそもそもオプション設定されていたり。オプションをつけざるおえないような事が結構あって驚きました。

ここはもっとランクを上げたい的な感じで色んな所で、どんどん追加料金が発生し、、、

最終的にプラス何百万、、、なんてことも

各項目をきちんと確かめ、その会場で披露宴をやった人が基本的にやるプランと同じような内容で金額を出してもらうようにしてみましょう。

現実的な金額がわかった上で、どこを削れるか。式場が割り引いてくれることはあるかなどの確認を行っていくのが良いかなと思います。

haaan
haaan

見積もりの項目内容に関しては、ゼクシィさんに載っている見積もり例や、他の会場で出してもらった見積もりなどを参考にするのをオススメします!!

【第一希望会場】絶対最後に回るべし

どの会場も初回特典として、大幅な割引をしてくれる事が多いです。

ただ、初回特典なので、その場で契約するかの決定を下さなければなりません

第一希望の会場に最初から行ってしまうと、比較対象がない状態のまま契約を結ぶことに、、、

相場がわからず、他の会場より明らかに高くても、割引の交渉などがしづらかったり、1個しか会場を見ないと後から嫌なところが見えてきたり。

初回特典をものにするためにも。

【第一希望の会場は必ず、最後に回りましょう】

提携先【ドレスチェック】

ドレスって1着あたり何十万とするのがあたり前

だからこそ。

提携してあるかが結構大事

提携してあれば、初回の見積もり時に割引が効くことも!!

だいたい●%offのような割引方法が多いですが、何十万もするものなので、この割引は正直、、、

かな〜り、ありがたい!!

提携しているドレスショップが好みでなかったり、着たいドレスブランドが提携されていない場合は

持ち込み料数万円

クリーニング代数万円

こんな感じで10万以上のプラス料金が発生します。

割引どころか、増えてしまう、、、

式場を選ぶとき
【ドレスの提携先をチェックしておきましょう

haaan
haaan

ちなみに、ドレス選びは式場が決まったらすぐに行くことをオススメします。

「まだまだ期間もあるし、余裕でしょ」とか思っていると、予約が入っているドレスが多く、選択肢が狭まってしまう事が、、、

最重要確認【持ち込み料金】

ペーパーアイテムや自分の好みのアクセサリーなど。

持ち込み料が発生する会場が結構あります

ペーパーアイテムやプチギフトなどは1個あたり●円の持ち込み料(✖️人数分)

1個あたりはそうでもなくても、持ち込む物が多いほど

だんだん大きな金額に。

アクセサリーなど何かしら持ち込むことを想定して

【持ち込み料がかからない会場

を選びましょう!!

式場を決める最初の見積もりを出す際に、必ず確認してくださいね!!

haaan
haaan

式場を決定するときに確認すること!!

後からだと、式場がいいように設定される事が多いです。

持ち込み料がかからないように交渉してみるのも1つの手だと思います。意外と、無しにしてくれる場合もあるようです!

【打ち合わせ】

第1回目の打ち合わせに入る前にすべきこと。

それは『式で大切にしたいこと』を決めることです。

『大切にしたいこと=お金をかけるべきところ』

かけるところはしっかりかけて、

削るところはしっかり削る。

これ、かなり大事です!!

haaan
haaan

新郎とよくよく話し合い、結婚式で何を大切にしたいのかをきちんと決めてプランナーに伝えましょう。それに合うように提案をしてくれるようになると思います。

そうしないと、書面上の大きい金額に感覚が麻痺し始め、さらに段々面倒になってきて、言われるがまま全部にオプションをつけまくり、だいぶ金額が膨れ上がった請求書を拝むことになりかねません、、、

【装花】

私の場合、会場の値段の相場と値段別のお花のボリュームを見せていただき、その上で、

【自分的な金額設定と、欲しいボリューム具合

最初の段階でフローリストさんへお伝えしました

そのあとは、何回か打ち合わせして、金額と花のボリューム感を調整しました。

装花は金額を左右する重要ポイント!!

何万円✖️テーブル数なので、大きな金額が動きます。

haaan
haaan

私の場合は、式場で出してるそれなりに立派なものが2万ちょいだったので、最初は、1万6千円前後でボリュームがある感じでとお願いしました。お花の種類を何度か変えて、最終的にプラス500円でLEDライトもつけて、可愛く仕上げていただきました。

大きい金額が動くんです。

『こうしたい』を伝える事が大切です!

【料理・引き出物】

ここはこだわりたい人、そうでもない人で分かれるかなと思います。

料理をランクUPする場合は、ランクUPする前とどれくらい満足度が変わるのか、ランクUPが値段相応かを考えましょう。

引き出物に関しては、送り分けをする事でかかる金額を調整できます。

【写真・映像・演出】

私の場合は、残るものだからと値段はあまり惜しみませんでしたが、持ち込み可能だったので、

その日だけのプロフィール映像などは外注で安いところを探しました!!

エンディングと、アルバムは式場を知り尽くしているプロの方にお願いし、そこの会場の良さを引き出した作品に仕上がるようにしてもらいました。

予約や式場との調整のことも考えて、映像や演出系は外注するのか、式場で頼むのか早い段階で決めておいたほうが良いでしょう。

haaan
haaan

式場で使うムービー系は初回特典で割引になることもあるので、外注と迷う時はその辺のチェックもしておくと良さそうです。

【DIYor式場に頼む】

招待状などのペーパーアイテムだったり、宛名書きだったり、、、

外注や自分で安く済ませる。

というのが流行っています。

これの落とし穴は、、、

『何でもかんでもやろうとして、結局時間がかかり負担が多く結婚式をする前に疲れてしまうこと』

【会場に頼んだ方がいいのか、自分でやった方がいいのか】

どちらがいいのかは

よくよく考えて決めましょう!!

まとめ

どの項目においても大切なのは

『意思表示をきちんとする事』

無理なもの、少しでもきになることは伝える事』

この2つが結婚式を成功させる鍵といってもいいでしょう。

プランナーさんもピンキリです。

いろんなアイディアを伝えてくれる人もいれば、こちらからアクションがなければ、何もしてくれない人だっています。

結婚式を挙げる以上、ある程度の出費は仕方ない。

ですが、、、

どうせなら、自分・パートナー・家族・ゲスト

みんなが楽しく、そして、満足できる結婚式を挙げられるといいですね!!

haaan

コメント

タイトルとURLをコピーしました