★【紫外線ケア】は秋が一番大事!?美肌キープのために役立つヒント伝授します

美容

こんにちは haaanです

暑い日差しがようやく和らいだこの季節。

あなたの紫外線ガードも弱まっていませんか

日差しが弱まったこの時期こそ

美肌キープができるかどうかかかっている季節なんです。

今回は、秋のUVケアについて書いていこうと思います

夏と秋の紫外線

紫外線には2種類合って、夏に多いのがBタイプ

年中あまり変わらないのがAタイプです。

紫外線A波

地表に届く紫外線のうち

95%を占めています。

赤み、炎症が起きにくいので気づきにくいのですが、波長が長く、雲や窓ガラスも通過して肌の奥の真皮層まで届くと考えられています。

老化を引き起こし、

シミ、シワ、たるみの原因になります。

紫外線B波

地表に届く紫外線の5%にあたります。

お肌の表面で吸収されエネルギーが強いので日焼け(赤くなる)や、そばかす、皮膚がんの原因にもなります。

夏が終わり、Bタイプがなくなると体感的に紫外線を感じることが少なくなるので、気を抜いてしまいがちですが、基本的な95%の紫外線は残っているので、

紫外線対策をおこたると真皮まで届き、

お肌を老化させる原因に、、、

ダイレクトな紫外線

太陽の位置が高い夏と比べて、秋から冬は太陽の位置がどんどん低くなっていきます。

ということは、、、

斜めから太陽が当たるので、夏よりむしろ秋の方が紫外線はダイレクト

顔面直撃!!

夏より紫外線量は減っていても、与えるダメージは計り知れないところです。

溜まったダメージ

夏の間にどんなに頑張ってたとしても、肌には多少なりとも『メラニン』が蓄積されていることでしょう。

蓄積されたメラニンは秋(9月〜11月)にかけてピークを迎え、

私たちのお肌はよりデリケートでシミができやすい状態に。

夏のエアコンなんかの影響もあって、ダメージはかなりなはず。

色素沈着の原因となるメラニンお生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐため、

秋もUVケアを続けることが大切なんです。

メラニンが体外に排出されるのは1.5ヶ月

その間は特にシミやニキビ跡を防ぐため、

UVケアを徹底しましょう!!

UVケア

何かとダメージを受けすぎている秋のお肌にはUVケア+肌のケアがオススメです

日焼け止め

急激な湿度の低下によってお肌の乾燥が進む秋

夏に使用していた効果の強いものより、

保湿効果のある日焼け止め敏感肌用、お子様用のノンケミカルの日焼け止めが良さそうです。

夏に日焼けしてしまったという方には

美白効果のある日焼け止めもおすすめ!!

保湿・美白

紫外線による炎症、湿度の低下に伴う乾燥、夏の日焼け、、、

秋にはたくさんの肌問題が蓄積します。

さらに乾燥が進む冬を前に、美白や保湿に力を入れる必要がありそうです。

夏に使用していた化粧水よりワンランク保湿性が高いものやこの時期だけでも美白成分を含むものに変えましょう!

肌ケアも季節の変化に合わせるようにすることが大切です。

UVアイテム

ユニクロの回し者ではありませんが、

秋の紫外線と戦うためにオススメなのが、

ユニクロのUVカットアイテムたち。

『UVカットのUネックTシャツ』はインナーとしてブラウスの中に着用もOK。

Uネックだから襟元からはみ出る心配もなさそうです。

ランニングやウォーキングの時なんかには『UVタイプのパーカー』がオススメ。

メッシュタイプと普通のタイプがあって、羽織るだけで紫外線をカットしてくれちゃいます。

そして、なんと!!

手の甲までしっかりカバーできるタイプになっているので、アームカバーはいらないんです!!

行楽シーズンの秋。

少し肌寒い時にも使えるので、1枚あると本当に重宝しそうです。

haaan
haaan

メッシュタイプはすぐに乾くので、海外の海なんかに行く時にも持っていけそう!!

紫外線対策を徹底し、やっと夏を乗り越えました。

せっかく日焼けを免れたのに、

ここでの油断は禁物です!!

秋には秋の紫外線対策をバッチリにして、紅葉やぶどう狩りなど、、、

秋を存分に満喫しましょっ!

haaan

コメント

タイトルとURLをコピーしました