★【元ICU看護師】の【なりたくない病気】ベスト3〜私が現場で見てきたこと〜

健康
Processed with VSCO with t1 preset

こんにちは haaanです。

最近、健康系の記事を書いていなかったので

前から書いてみたかった

今まで見てきた病気の中で、

できーることなら

なりたくないものベスト3』まとめました!!

第1位 食道がん

『食道がん』

聞いたことありますか?

口から入った食べ物が通る道が『食道』なのですが、そのどこかの部分にがんができる病気のこと。

治療は放射線、化学療法か外科手術。

大体はこれらを併用して治療します。

この病気、『タバコやお酒を多く摂るとなるリスクが高い』と言われていて。実際に看てきた患者さんは本当に『ヘビースモーカー』『大酒豪』の方がほとんどでした。

nurse
nurse

もちろん、タバコ、お酒を摂取しない方でも病気になる方はいらっしゃいます。

ただ、本当に「ヘビースモーカー」「第酒豪」が多くてびっくりしました。

なぜ、なりたくない病気1位かというと。

治療が本当に辛そうだから。

手術の後に口から何か食べたり飲んだり出来るようになるのにも、他の病気と比較すると時間がかかるし、合併症のリスクも多い。

haaanの勤めていた病院では辛すぎて精神的にも参ってしまう方が多いので、「精神科」のお医者さんが定期的に様子を見にくるなど、一緒に治療をサポートしていました。

すごく頑張って、治療をして。元気にお家に帰る方も沢山います

が!!

看ているこちらとしては、本当に治療は辛そうで。さらに、本人が辛そうなのを見て、悲しくなっている家族をみるのもまた辛かったので、haaanの中では第1位となりました。

nurse
nurse

看護師さんはよく「患者さんがどうしたら前向きに病気と戦えるか」を考えています。いつも話し合ってましたよ。

第2位 劇症肝炎

肝臓の病気』です。

原因は様々ですが、「お酒を大量に飲んでいる」

これが理由の場合も結構あります。

アルコールを飲み続けると肝臓に負担がかかり、徐々に悪化。ついに耐えきれなくなると、肝臓が機能しなくなる』

こんな感じのイメージです。

肝臓は『』という漢字を使っているだけあって、本当に人間の身体で大事な働きをしています。肝臓の働きが弱まると、、、

血が固まりにくくて出血しやすい」「解毒できなくて、身体に影響が出る」「意識にも影響が出る」など。

がんの場合は、摘出術などもありますが、、、

劇症肝炎の場合は、

最終的に『肝臓移植』しかありません。

これは本人が頑張る力はもちろんのこと、『家族のサポート』『お金問題』『一生免疫抑制剤を使った治療』と色んな力がなければ治療を続けること自体が困難です。

この病気もまた、治療するのが辛そうで。家族もとっても辛そうなので少なくとも自分で気をつければなんとかなる「アルコール性の肝臓疾患」だけにはなりたくないなと思っています。

nurse
nurse

お酒の飲みすぎ』心当たりある人いませんか?飲むなとはいわないです。休肝日を設けるとか、肝臓をいたわることもして下さいね!!

余談ですが、、、

うちの父もお酒のみ。そろそろ肝臓が怪しいそう。
いつ肝臓が悲鳴をあげるか、娘の私はヒヤヒヤしています。

第3位 全身やけど

暖房器具を使用する『冬』に圧倒的に多いのですが。

やけどの重症度にもよりますが、本当に痛そう。痛いというか、もうよくわからないレベルの時もあります。

皮膚がなくなる分、感染症なども怖いです。

命が助かってからは、やけどした部分の形成術が待っています。この治療も痛そうだし、終わるまでに時間もかかる。

たまたま、何かの事故に巻き込まれた場合は仕方ないけれど、

暖房器具やタバコの残り火など、自分で気をつけて防ぐことができる火傷はきっとあるはず。冬は特に注意してくださいね。

nurse
nurse

寝る前に『暖房器具』『タバコ』の火を確認してから寝ましょう

夏は花火なんかも服に引火しないように気をつけて下さい。

この記事を書いた理由

ここまで、3つの病気や怪我についてサラッと、書いてきましたが。

なぜ、3つの病気を『なりたくないものベスト』に選んだかというと。

どれも自分の今の行動次第で防げる可能性があるもの

だから。

白血病とか、自己免疫疾患とか、難病とか。

そういった、事前に防ぐことができない病気はこのベスト枠には入れてません。

haaanが今まで看護してきた中で、

患者さんの辛そうな度合い(これはあくまでhaaanが感じただけ)

*「生活習慣次第ではこんなに苦しむこともなかっただろうに」と思った感覚

実際に患者さんが「もし生活習慣を直していたらなぁ」と嘆いていた率

治療の過程

これらを踏まえて考えてみた結果です。

上に書いてある通り、嘆いている患者さんも実際にいたので、

この記事を読んで生活習慣を見直してみる。その結果、将来、病気になって嘆く方が少しでも少なくなれば』

と考えて、

この記事を書いてみました。

*************

あなたは今、どんな生活をしてますか?

記事を読んで、『ドキッ』とした方いませんか?

生活習慣を見直して、将来なり得る病気の『リスク』を減らしましょう!!

nurse
nurse

あくまで、『生活習慣』からくる病気について

予防できることもあるんだよという意味で書いています。

現在、治療中の方が見ると、気分を害したり、治療が怖くなるかもしれないので、オススメしないようにして下さい。

haaan

コメント

タイトルとURLをコピーしました