★年中無休な貴女の【冷え性】その正体と【改善・対策】まとめてみました!!

健康

こんにちは haaanです。

夏でも冬でも。

季節問わず、多くの女性を悩ませる

『冷え性』

別に寒いわけじゃないのに、手足の先だけ冷たかったり。

今回は、そんな

【年中無休な冷え性】についてまとめてみようと思います。

冷え性の【メカニズム】

【冷え性】ってどうして起きるの?

若い女性の多くが悩んでいる【冷え性】
原因の多くは、運動不足・痩せ体型による筋肉の減少、痩ストレスなどによる自律神経の異常(ホルモンバランスの乱れ)と言われています。
特に、夏場などは冷たいものを飲んだり、身体を冷やすような食べ物といった食習慣により、内臓血流を低下させることも原因になってしまうそうです。

内臓が冷えると【指先や手足】も冷える?

人間は体温を37度前後くらいと常に一定に保つという身体の働き

”恒常性”

を持っています。

この働きの結果、なんらかの原因で、体温が下がった時に、

指先、足先や皮膚表面などの血管を収縮させることで熱の放散を防ぎ、中心温度を上げようとするんです。

その結果、手足が冷えてしまいます

身体を【温める】

身体を温めることで、

血流が良くなって、四肢末端や皮膚表面の血管が広がることで血管を支配する自律神経が調整されます。

血管が広がると、

全身がリラックスした状態になり、ストレスの改善にも役立ちます

(血管の広がりは副交感神経というリラックスに関係する神経に関わっています)

さらに、体温が上がることで

お腹の働きを助ける酵素が働きやすい環境を作ることから、消化吸収がスムースに行われる結果、

身体のコンデションニングが行えたり、免疫細胞を活性化することで風邪やアレルギーの予防につながります。

さらにさらに、

お腹周りの血流が良くなることで、子宮や周りの血流が改善するので、妊活においても身体を温めることは大切みたい!!

haaan
haaan

身体を温めると言えば、お風呂ですが。

熱いお風呂に入浴するよりは、ぬるめ(39~40℃)のお風呂に15分くらい入るのがオススメです。

なぜなら、熱いお湯だと長く入っていられず、身体の表面しか温まらないから。かえって”冷え”の原因に、、、

ゆっくり入って、身体の芯まで温めることが大切だそう!!

 

夏と冷え性

外は暑い、室内は寒い

ありがたいことに、夏場は冷房設備を最大限に利用して

『これでもか!!』

というくらい涼しいところが多いですよね。

外が暑くなっており、足を踏み入れた瞬間は天国〜って感じですが、

時間の経過とともに全身を冷やしすぎ、

体温を維持しようとし、血管は収縮します。

外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいと、

カラダはうまく対応しきれず、

自律神経が乱れます。

このせいで、どんどん血液の巡りが悪くなり、カラダの手足が冷えやすくなってしまうんだとか。

キンキンドリンク

暑い夏。

キンキンに冷えたドリンクって最高ですよね。

でも、、、

実はこれが大敵なんです

爽快感はめっちゃあるけど、内臓を一気に冷やし、

身体は体温を奪われまいと手足の血管を縮こませ、冷え性を引き起こします

今すぐできる【対策】

飲み物はなるべく【常温】

体温以下の飲み物って、どうしても体を冷やす原因に。

冷たいものを欲する気持ちはわかるので、

絶対飲むなとは言えないです。

ただ、回数をなるべく減らすとか、室内が涼しいときは、暖かい飲み物を頼むとか

ちょっとしたポイントで、

身体を冷やさないように心がけていきましょう。

起きているときは【靴下】

冷え性を改善するのには、

毛糸できていたり、厚手の長い靴下がいいみたい。

お家にいるときや、デスクワークで足元が冷えるときにオススメです。

ただし!!

睡眠中は靴下を履くことは控えた方が良さそう

寝てるときは、靴下を履くことで汗をかいてしまいます。

その汗が冷えて、冷えの原因を作ってしまうんだとか。

haaan
haaan

きついゴムが入った靴下は逆に、足の血流を悪くしたり、むくみを助長させかねないので、締め付けのゆるいものを選ぶのがいいみたい。

 

着圧ストッキングも浮腫みを改善するのには、医療でだって使われているくらい効果はあるけど、1日中履き続けるとかはあんまりお勧めできないみたい。

【無理のない程度に改善】が目標

生活習慣って、なかなか変えるのが難しい。

冷え性は、食生活を改善したり、ぬるめのお湯に長く浸かるなど、改善方法はたくさんありますが、、、

生活を無理して変えようとしたって続かないのが

現実です、、、

なので、少しずつ、できることから。

これならできそうと思ったことからでも全然OK!!

まずは関心を持てたことから、

【無理のない程度】を目標に

年中無休な【冷え性】と戦ってみてはいかがでしょうか

haaan

参考:https://www.terumo-taion.jp/health/hiesyo/01.html

https://www.kiribai.co.jp/dr_selfcare/column1.html

https://www.terumo-taion.jp/health/temperature/06.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました