★実は怖い【糖尿病】原因・予防・合併症など【神経や血管】を脅かす前にできること

健康

こんにちは haaanです。

糖尿病ってよく聞く病気。

最近はTVなんかでも紹介されていますが、

私たち世代にとっては、まだまだ他人事なイメージですよね。

今回は、そんな『糖尿病』について

なるべくわかりやすく、まとめてみようと思います。

【糖尿病】

ってどんな病気?

人間の身体は

食物を食べると一部が『ブドウ糖』に形を変えて、血液に混ざり、全身を巡ります。そして、膵臓で分泌される『インスリン』という成分が、働いて、ブドウ糖を処理して、エネルギーになってくれます。

なんらかの原因で、インスリンが働かなかったり、量が少ないと、

ブドウ糖を処理できず、身体の中のブドウ糖がたくさん増えてしまいます。
(このブドウ糖が増えた状態を【高血糖】

そうすると身体の様々な部分に悪影響が出てきます。

この状態を『糖尿病』です。

【糖尿病のタイプ】

【1型糖尿病】
感染など、なんらかの原因で自分の免疫反応で膵臓を攻撃し、インスリンを出せない、もしくは少なくさせてしまう病気。年齢や食生活に関係なく、なってしまいます。
【2型糖尿病】
体質やカロリー過多、運動不足、肥満などが原因で、インスリンの分泌量が減ったり、働きが低下することによって生じる糖尿病。糖尿病の95%がこのタイプで、中高年に多くみられますが、最近は若年化が進んでいます。
nurse
nurse

血糖値をコントロールしているのが、インスリン。けど糖尿病だとインスリンの働きが悪いから血糖値をコントロールできなくて、身体に影響が出てしまうよ。

どんな【症状】?

【疲れやすい】
ブドウ糖をうまくエネルギーに変換できず、疲れやすくなります。
【太る】
インスリンが処理しないから、余分なブドウ糖が増え、脂肪細胞にとり込まれると肥満になります。
【急にやせる】
ブドウ糖をうまくエネルギーに変えることができないため、急にやせることがあります。
【視力が落ちる】
ブドウ糖が血液にたっぷりあって、流れが悪くなる。そのことが原因で、目が霞んだり、メガネをかけても見えにくくなったりします。
【手足のしびれ】
糖尿病は神経も脅かします。足に軽いしびれやむくみなどが起こることがあります。
【喉が異常に乾く】
進行した糖尿病の典型的な症状のひとつで、のどがやたら渇き、水などの飲みものを多くとるようになります。
【頻尿】
腎臓の機能が悪化するため、トイレが近くなったり、尿の量が多くなることがあります。

【治療】どんな感じ?

今回は、生活習慣病が引き起こす『2型糖尿病』に着目して説明しますね。

目標は『血糖値の正常化』

まずは食事療法と運動療法、生活習慣の改善を行います。

大体は、生活習慣の乱れにより肥満であったり、食生活が乱れていたりすることが多いので、そこらへんの改善のため、病院に通いながら、生活習慣や食生活の指導を受けます。

根本を直しても、血糖値が良くならないとき、内服薬や注射薬による治療を開始します。

【食事療法】
糖尿病食は、いわば健康長寿食なんです。炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルを過不足なくとることが大切です。ただし、自分にとって適切な量をバランスよく摂取する必要があり、そこが難しいポイントです。病院から家族にも指導が入り、改善を図ります。
【運動療法】
動は、血液中のブドウ糖を消費して血糖値を下げる、肥満を解消して筋肉などでのインスリンの働きを高める、血液循環を盛んにして血管の老化を防ぐなどの効果があります。他に病気を持っていたり、神経症状が重い人など運動を制限すべき人もいるので、主治医の先生と調整しながら進めるのが良さそうです。
【薬物療法】
薬物療法には、飲み薬とインスリンもしくは、それ以外の作用の注射薬があります。状況に合わせて使用され、注射薬から経口薬へ変更することもあれば、経口薬から注射薬に変更する場合もあります。最初から注射薬だからと言って、症状が悪いということでもないようです。
ただ、他の薬もそうですが、血糖をコントロールするお薬の作用というのは、本当に身体に影響が大きいです。勝手にやめたり、多くしたり、自己判断で何かをするのはやめましょう。危うく、命を落とすことになりかねません。

参考:https://www.diabetes.co.jp/disclaimer/check-diahcp

【合併症】

初期には自覚症状はあまりないので、ついつい放置しても、、、

と思いがちですが。

数年から10年程度で

非常に恐ろしいさまざまな病気(合併症)を引き起こします。

糖尿病で【失明?!】

血行障害から目に栄養を与えている血管が詰まります

すると、だんだん視力が低下していき、

悪化すると失明状態にいたります。

中途失明の原因の第1位は、糖尿病によるもの。

それくらい、糖尿病になると頻度が高く目に影響が出るようです。

気づかないうちに【神経障害】

高血糖の状態が続くと、血液はドロドロに。

手足の血行が悪くなり、神経障害が起こります。

しびれや感覚のにぶりなどに始まり、悪化すると手足が腐ってしまうことも。

しかも、感覚がないので、悪化していても気づくことができません。

最悪の場合、下肢切断の危険もあります

nurse
nurse

持病に糖尿病をお持ちの患者さん。特に足なんかは気づくのが遅くなり、、、

実際に、足の指が一本ないなんて方も何人か、いらっしゃいました。

血流が悪いので、傷の治りなんかも遅いみたいです。

【腎臓】が使えない?!

腎臓は、身体の外におしっことして出すものと、身体に必要なものを分ける『フィルター』を持っています。

高血糖のために、そのフィルターがつまってしまうと、、、

『人工透析』が必要な身体になります。

週に何回か病院で数時間、透析が必要になり。

普通の生活が極めて難しい状態に、、、。

nurse
nurse

普段の生活も大変になりますが、なんかの大きい手術をした時も、腎臓が働かないと、治療や回復がかなり難航します

私たち世代【妊娠糖尿病】って?

【妊娠すると、、、】
胎盤からでるホルモンの働きでインスリンの働きが抑えられ、また胎盤でインスリンを壊す働きの酵素ができるため、妊娠していないときと比べてインスリンが効きにくい状態になり、血糖が上がりやすくなります。一定の基準を超えると妊娠糖尿病と診断されます。
どんな影響があるの?
【母体への影響】
早産・流産になるリスク、帝王切開の確率UP、羊水過多、高血圧、感染症にかかりやすいetc...
【胎児への影響】
巨大児(このことが原因で帝王切開や難産につながる)、子宮内胎児死亡、新生児低血糖etc...
【体質的にリスクが高い人】
*肥満
*家族に糖尿病の人がいる
*高年妊娠(35歳以上)
*尿糖の陽性が続く場合
*以前に大きな赤ちゃんを産んだことがある人
*原因不明の流産・早産・死産の経験がある人
*羊水過多(ようすいかた:羊水が多い)
*妊娠高血圧症候群の人、もしくは過去に既往がある人

思いがけず、糖尿病になることもあるんです。

そうなった場合は、、、
食事を正しくとることで血糖コントロールを行い、赤ちゃんの発育に必要な栄養をとり、お母さん自身の健康も維持していきましょう。お医者さんが必ず、フォローしてくれます。きちんと指示に従いましょう!!

参考:https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/bosei-jsdp.html

糖尿病が【怖い理由】

●気づかないうちに病気がどんどん進行する
●血管系や神経系、腎臓の合併症が身体にとって結構やばい
●合併症により、他の病気になるリスクが高い

普段のインスリンの管理も大変。

自分がしっかりしているうちはいいですが、だんだん歳を取ってくると、インスリンの注射を忘れることも。

ちょっとしたことが、命を危険にさらすことになりかねません。

そして!!

人間にとって、血管・神経、さらに腎臓ってかなり大事!!

血管がドロドロで、流れが悪いと詰まるだけじゃなく、心臓に負担がかかったり、栄養が流れにくいから、皮膚の再生機能が悪くて、傷が治りにくかったり。

神経障害で、感覚がなくなって、怪我しちゃうこともあるかもしれないし、

腎臓に至っては、管理が本当に大変です。

もしも、大きい手術をして、腎臓がもともと悪いことが原因でおしっこが出なければ、『持続的な人工透析を行うことに』

そうなると、大きい管に繋がれる時間が長くなったり、リハビリが進まなかったりと、本当に大変なんです。

私たちに【今、できること】

2型糖尿病は運動、食事など生活習慣の見直しで防ぐことができるかもしれません。

そして、妊娠中の糖尿病も生活習慣の見直しで、リスク自体は減らせるはずです。

糖尿病はそれ自体も身体にとって、負担が大きく、

さらに他の病気になった時も、影響が大きい病気

病気を知って、今から予防できることを知って、、、

少しでも『生活習慣病が引き起こす病気』になる人が減ったらいいなと思います。

haaan

参考:https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/guide/diabetes/04.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました